HOME 商品情報インタミジョイント > インターミディエイトシャフト

インターミディエイトシャフト Intermediate shaft

ボールインフルタイムスライダー付インターミディエイトシャフト

スライド部に剛球(ボール)を配列した伸縮機構を有するインタミです。
走行中にステアリングに入ってくる振動を吸収し操舵感の向上に貢献しています。

スライド部には複数の鋼球(ボール)を予圧配列し高トルク負荷時にも、ボールの転がりによる低スライド荷重と予圧(負隙間)によるガタレスを両立させています。

衝撃吸収機構付インターミディエイトシャフト

前面衝突時に車両変形によるステアリングへの突き上げを吸収しドライバーの人命を守ります。

  • タイプA : インタミ部にコルゲートチューブ(ベローズ管)を配置し、衝突時にチューブが曲がる構造
  • タイプB : 軸とスリーブを圧入嵌合し、衝突時に一定の軸入力が作用すると嵌合部が収縮する構造

ステアリング用等速ジョイント

ダブルカルダンジョイント構造の等速ジョイントで使用角0°~62°の広範囲を2タイプで実現しました

  • 広角度等速ジョイント : ジョイント使用角48~62°
  • 中角度等速ジョイント : ジョイント使用角0~48°

高剛性ジョイント(ガタレス)

ジョイントのベアリング部嵌合いを負隙間にする事により高剛性でガタゼロを実現しましたステアリング操舵感の向上に大きく貢献しています

振動吸収機構付インターミディエイトシャフト

中間部に弾性材(ゴム)を配置したインタミで、タイヤ等車両側から伝達する振動を吸収しドライバーの不快感を取り除きます

チルト用樹脂ボールジョイント

ジョイント部にボール型の樹脂を採用し部品点数の削減軽量化およびコスト低減を実現したステアリングコラムのチルト用ジョイントです